ジャズ馬鹿選盤日記

ジャズ馬鹿男の気まぐれ選盤をお楽しみください。 何気ない日常と共にジャズを。

ジャズ馬鹿男の選盤、さて今回は…

突然ですが


ジャズの大きな魅力。
作品紹介のブログを書いておきながら言うのも何ですが、


やっぱりライブだと思うんです。

レコードやCD、またはポータブルプレーヤーと音楽を聴く手段は
いくらでもある現代ですが、いつの時代もライブで得る興奮と
迫力は何物にも変え難いです。
かく言うブブログ主も出来得る限り、足を運んで生のジャズ音に
触れております。
作品に関してもライブ盤好きなんですよね、やっぱり。
少しでも生で聴く感覚に近いものを求めているのかな…

今回はそれにちなんで、最近行ったライブの中でも特に鮮烈なジャズを聴かせてくれた
ミュージシャンの新作を選盤いたしましょう。



北川潔「Turning Point」
レーベル:KO RECORDS
リリース:2017年

〈レコーディングメンバー〉
北川潔(ベース)
片倉真由子(ピアノ)
石若駿(ドラムス)

ニューヨーク在住、ケニー・バロンのレギュラーベーシストとして大忙し、
メインストリームのジャズシーンを堂々闊歩するベースマン、

北川潔

北川さんが日本帰国時に必ずと言っていいほど共演を重ねる二人の俊英と
満を持してのピアノトリオ作が本作。
さて、その二人の俊英とは…

アメリカの名門ジュリアード音楽院を卒業、アメリカでの活動の後に
2008年帰国。伊藤君子、土岐英史など大御所からも信頼厚く、またリーダーとしても大活躍中。
確固たるジャズへの想いを音に込める本格派ピアニスト、

片倉真由子


自身のリーダー、また日野皓正のレギュラードラマーとしての活躍に
とどまらずジャズに捉われずに自由奔放にジャンルを行き来するドラマー、

石若駿

国内ジャズシーンの枠組みを取っ払ってその才覚を弾けさせる二人を
どっしりと北川さんが受け止めます。



<収録曲>
1.Zero Gravity
2.Pocono's Delight
3.Linden Blvd.
4.Thought #3
5.Summer Mist
6.Turning Point
7.Thought #4
8.Spring Song
9.Farewell My Freond
10.Backlash

曲はすべて北川さんのオリジナル。
4曲目と7曲目にベースソロが収録されていますが、それがアルバムのメリハリを生み、
効果的な作用を生み出しています。

“Zero ~”から三人の音像が立体的に聴覚を刺激。
石若さんのプリミティブと言えば良いでしょうか、野生の匂いを感じる
ドラミングがトリオのギアを早速最大限へ上げていこうとする。
それに受けて立って、片倉さんのピアノも力強く前進する、

容赦なく!!!

このアグレッシブな姿勢はライブでの演奏と何ら変わりないのが嬉しい。

続く北川さんの愛犬にちなんだ“Pocono's~”はボッサ調のメロディーが映える佳曲で
北川さんのベースソロの歌いっぷりに注目。

アルバムの折り返し地点である5曲目“Summer Mist”はベースが主旋律を担い、
それに他の二人の音が絶妙な距離感で寄り添いながら世界観を積み上げていきます。
日本の夏の終わり、秋に向かう時期の夕暮れをこの曲に感じます。
片倉さんのピアノソロは短い中にしっかりとストーリーを想起させる見事な構成。
こういった曲での包み込むようなドラムワークに石若さんの優れた音のバランス感覚を
感じずにはいられません。



様々な曲調、曲ごとにそれぞれの音のキャラクターが如実に出てきて飽きさせない。
このトリオの持つ、

強固なエネルギー

が眩しいのなんのって。
ラストに“Backlash”のような威勢の良い曲でピリリと締めくくるのも、
このアルバムの無駄の無い造形美をより際立たせる事に成功していると思います。

ブログ主にとって、


ジャズピアノトリオの名盤に。


そして、きっとこれからも愛聴していくことでしょう。

購入はこちらから↓
https://store.cdbaby.com/cd/kiyoshikitagawa2

ちなみに私はライブ会場でゲットしましたよ、ふふふ。笑

朝晩の冷え込みがしんしんと身に沁みますね。
もう今年もあと1ヶ月!早いなぁ〜、と
方々からそんな会話が聞こえてくる頃に
なりました。

今年こそは!

と思ってた事、いくら達成、実現できただろう。
残念ながらブログ主はできたような、
できなかったような…と毎年同じ事を繰り返し言っているような気が…

全く進歩がありません!笑


そんな進歩がない、学習能力が低い私も
思わず朝焼けに上を向いて歩こう!
と静かに熱くさせてくれる作品を選盤いたしましょう。



チック・コリア& ゲイリー・バートン「Crystal Silence」
レーベル:ECM
リリース:1973年

〈レコーディングメンバー〉
チック・コリア(ピアノ)
ゲイリー・バートン(ヴィブラフォン)


ジャズ界のイノベーターの一人であり、
ジャンルを超越して現在もコンスタントにリリースを続ける才人ピアニスト、


チック・コリア



ヴィヴラフォンの卓越した演奏は言わずもがな、
時代の流れに鋭敏に反応し、また有望な若手ミュージシャンの
育成にも定評がある、

ゲイリー・バートン

現在はジャズ界の大御所として威厳を保つ二人の
70年代を代表するコラボレーションが本作。

 

<収録曲>
1.Señor Mouse
2.Arise, Her Eyes

3.I'm Your Pal
4.Desert Air
5.Crystal Silence
6.Falling Grace
7.Feelings And Things
8.Children's Song
9.What Game Shall We Play Today

互いの美点を突き詰めたかのような二人が、
夢見心地の約45分を我々に提供してくれます。

3曲目、“I'm Your~”でリードするチックのピアノの
美しさに聴き入っていると柔らかく響くゲイリーのヴィヴラフォンが囁くように絡み合う。

5曲目、チックの終生の代表曲、“Crystal~”でこのアルバムの盛り上がりは最高潮を迎えます。
息を呑み、ただひたすらに二人の紡ぐ音に耳をそばだてて現実世界から遊離、
気づけば桃源郷の真ん中に。

その余韻をずーっと残したまま、アルバムジャケットのような淡く霞がかった空が脳内に拡がります。

二人の幾多のキャリアでも

屈指の名演

聴いて損はさせません!!

と二人も口を揃えて言うのでは。笑


Crystal Silence
Chick Corea / Gary Burton
Ecm Records
1999-11-16



三連休でしたね


この時期のお休みは過ごしやすくて
どこかへ行きたくなります。
でも、やっぱりのんびりしたいなぁ。
どうやらお疲れモードのブログ主。

スーパーかコンビニに寄って、
いやちょっと商店街に行くのもありだなぁ。
好きなおつまみでも買って。
ちょっと奮発してボトルワインでも買いますか!?
缶チューハイやビールも良いですが、
たまには一つのワインをじっくりと
味わうのも乙なものでは。


ジャズに合うワインとは…


と言ってもワイン通ではありませんので
えらそうな事は言えませんが、
キリリとした白ワインが合いそうな…

そうこう考えての買い物から帰り、
夜半にワイン片手にこういうジャズは
どうでしょう。

というわけで今回の選盤はコチラ!

2017-10-30-02-02-03

ファブリツィオ・ボッソ「You've Changed」
レーベル:BLUE NOTE(ブルーノート)
リリース:2007年

<レコーディングメンバー>
ファブリツィオ・ボッソ(トランペット、フリューゲルホーン)
ピエトロ・ルッシ(ピアノ)
ルッカ・ブルガレリ(ベース)
ロレンゾ・ツィッチ(ドラムス)
ダイアン・リーヴス(ボーカル 3曲目)
セルジオ・カンマリエーレ(ボーカル 6曲目,10曲目)
ステファノ・ディ・バティスタ(ソプラノサックス 4曲目,9曲目)
べボ・フェラ(ギター 7曲目,8曲目)
ブルーノ・マルコジ(パーカッション 7曲目,8曲目)
パオロ・シルバストリ(アレンジ、オーケストラ指揮)


イタリアが誇る超絶トランペッター、


ファブリィツィオ・ボッソ

日本でも支持の高いハードバップグループ「High Five」での活躍、その他リーダー作からサイドメンから八面六臂の活躍でよく知られております。
私も数年前に彼の生演奏に触れましたが、こんなにもトランペットが吹ける
ミュージシャン、そうそういないと思いました。
          



〈収録曲〉
1.The Nearness of You
2.Nuovo Cinema Paradiso
3.You've Changed
4.Senza Fine
5.Georgia on My Mind
6.Estate
7.Rio de Majo
8.Summer Samba
9.Joyful Day
10.Per Ricordarmi Di Te
11.You've Changed

ボッソといえば、豪快に、無尽蔵に吹きまくるトランペットが大きな魅力なのは間違いないのですが、
バラード演奏においても超一線級である事がこのメジャーデビュー作で世に知れ渡ったのでした。

"The Nearness of You"が挨拶がわりに
鮮烈に響きます。
そしてそしてこの作品の邦題のタイトルにもなった、映画「ニューシネマパラダイス」のテーマでロマンチック指数急上昇!!
グラスに注いだワインを一気飲みしてしまう!!
ストリングスをバックに丹精込めた吹きっぷり、

イタリアの伊達男は落とし所をわかってますね、うん。


ダイアン・リーヴスやイタリアのシンガー、セルジオ・カンマリーエーレを迎えたナンバーも「大人のジャズ」を意識した良いテイクですが、このアルバムには
不要だったのでは。
カットして、よりボッソのトランペットを聴かせてほしいとも思いましたが、
メジャー作で商業的な狙いもあるので
致し方なかったのでしょう。

とは言いながらもカンマリエーレの
歌が見事にハマっている"Per Ricordarmi Di Te"は歌モノとしては好みなのですが。
世界観バッチリです。

でも締めを飾るインストバージョンの
"You've Changed"を聴くとやっぱりボッソのトランペットのみで通してほしかった…と思う自分が再び顔を出すんです…



もう一杯飲んで、そんな邪推は忘れますかね。笑

Fabrizio Bosso
2007-01-30


このページのトップヘ