ジャズ馬鹿選盤日記

ジャズ馬鹿男の気まぐれ選盤をお楽しみください。 何気ない日常と共にジャズを。

ジャズ馬鹿男の選盤、さて今回は…

 夏はスポーツが盛り上がる季節なような…

甲子園もいよいよ佳境。
優勝候補筆頭の大阪桐蔭高校が惜しくも敗れましたが、ここまできたらどのチームも実力均衡。
何が起こってもおかしくありません。

先日のボクシング、絶対王者である山中選手はV13ならず…。


ストップのタイミングについて。



これはボクシングに限らずその他の格闘技でもよく争点になりますが、一番近くで見ているレフリー、選手の事を一番良く知るセコンドの判断に任せるのが適切でしょう。
選手がまだいける!と言っても、
一歩間違えれば命を落としかけないので最善の策、危険回避は必須だと思います。

山中選手の進退はわかりませんが、現役続行にしても、引退にしても男らしく常にまっすぐに戦ってきた姿は輝いております。

さて、ではその男らしさにちなんで、今回はそれを感じる作品を選盤します。

image

ブッカー・アーヴィン「The Blues Book」
レーベル:Prestige(プレスティッジ)
リリース:1964年

<レコーディングメンバー>
ブッカー・アーヴィン(テナーサックス)
カーメル・ジョーンズ(トランペット)
ギルド・マホネス(ピアノ)
リチャード・デイビス(ベース)
アラン・ドーソン(ドラムス)


ホレス・パーランのブルーノート作「Up&Down」やチャールズ・ミンガスの
作品参加でも知られる武骨なサウンドが魅力のテナーマン、

ブッカー・アーヴィン

彼の代表作といえば本作を含む「Book」シリーズ(本作以外はFreedom Book,Song Book,
Space Book)。
“Blues”と名付けられたこのアルバム、タイトル通りのブルージーな旨味が横溢しております。



<収録曲>
1.Eerie Dearie
2.One for Mort
3.No Booze Blooze
4.True Blue


主役のブッカーとトランペッターの燻し銀カーメルによる二管の
汗迸るブロウの応酬に興奮必至の“One For Mort”で走り抜け、
次曲の“No Booze~”でのタメを効かせた各自の大人なプレイに


男の哀愁

を感じずにはいられません!!

このブルースの香りの根源はBookシリーズではこのアルバムのみピアノを務めた


ギルド・マホネスにあるのではないか


と考えております(ブッカーのアルバムではGroovin' Highにも参加)。
控えめなバッキング、音数ではなく単音で聴かせる滋味深いピアノタッチ。
先述の“No Booze~”のイントロで聴かせてくれる彼のピアノを聴けば、
只者ではない、かなりの実力者であることをビシビシと感じますよ~!!

ま、そりゃリチャード・デイビスとアラン・ドーソン大先生のリズムセクションは
言わずもがな最高に決まってるじゃないですか!!何度も言わせないでください←何様

と男気満点の熱いアルバムを紹介したので興奮気味のブログ主。笑
さぁ、明日は99回目の夏の甲子園、

決勝ですよ!!

Blues Book
Booker Ervin
Ojc
1993-03-21


かなり前の話題になりますが、

 「逃げ恥」、「カルテット」に続き、ブログ主を大いに楽しませてくれた
TBS火曜10時枠のドラマ、

「あなたのことはそれほど」


も終わってしまい、若干の“あなそれロス”であります。
主演の波瑠さん演ずる渡辺美都(みつ)のダメダメ女っぷり、
美都の夫役である渡辺涼太を演ずる東出昌大さんの


エスカレートしていく狂気

は毎週見逃せませんでした。
と言いつつ見れなかったらティーバーなんぞを初めて利用するほど
楽しみました。笑

今夏の渡辺直美主演の「カンナさーん!」は見ていませんが
面白い!のであればお知らせください。

んんん、TBS火曜10時ドラマ枠のまぁまぁのファンですよね、これは。

さて本日の選盤。
“あなそれ”の東出さんの熱演に負けず劣らずディープなジャズアルバムを
紹介いたしますよ。


image

キャノンボール・アダレイ「Phenix」
レーベル:Fantasy(ファンタジー)
リリース:1975年

<レコーディングメンバー>
キャノンボール・アダレイ(アルトサックス、ソプラノサックス)
ナット・アダレイ(コネット)
ジョージ・デューク(キーボード&シンセサイザー 1~6曲目参加)
マイク・ウルフ(キーボード 7~12曲目参加)
サム・ジョーンズ(ベース 1~6曲目参加)
ウォルター・ブッカー(ベース 7~12曲目参加)
ルイス・ヘイズ(ドラムス 1~6曲目参加)
ロイ・マクレディ(ドラムス 7~12曲目)
アイアート・モレイラ(パーカッション、コンガ、ドラムス)


ジャズアルトサックスの巨人、数多くの歴史に残る
名演を残した偉大なるジャイアンツ。
彼のサックスの素晴らしさは今さら私が言うまでもないでしょう。


ジュリアン・キャノンボール・アダレイ


わずか46年の生涯でビバップ、ハードバップ、モードにファンキーと
ジャズサウンド返還の歴史に沿って輝かしい演奏を残した彼のキャリアのラストを
飾るのが本作。

 

<収録曲>
1.Hi-Fly
2.Work Song
3.Sack O' Woe
4Jive Samba
5.This Here
6.The Sidewalks of New York
7.Hamba Nami
8.Domination
9.74 Miles Away
10.Country Preacher
11.Stars Fell on Alabama
12.Walk Tall/Mercy,Mercy

それまでの自身の代表曲をアレンジし、来る80年代を予測したかのような
フロア映えする楽曲に再構築。
もともと、ライブ感あるサウンドな上にジョージ・デュークあたりが絡むんですから、
その完成度たるや今聴いても新鮮。

いきなりスペーシーな音で引き込まれる“Hi Fly”、
イントロ数秒ではまさかあのテーマが表れるとは想像しにくい“Work Song”など、
様々な音の仕掛けを楽しめます。

そんな中でもピアノとのデュオで聴かせる“Stars Fell~”では

これぞキャノンボール!!

という吹きっぷり、歌いっぷりで昔からのファンの要望にも
キッチリ応えるキャノンボールのサービス精神が嬉しいです。笑

飽きの来ないバラエティ豊かなアルバム、今夏お気に入りドラマの無い方は、
このアルバムをじっくり楽しんでみては。

Phenix
Cannonball Adderley
Fantasy
1999-08-24


 しかし暑いですね。

こうも毎日毎日暑いと弱ってしまいます。
そういう時はついついコンビニなどでアイスを買ってしまいます。

ガ○リガ○くん

とか、

スー○ーカッ○

とか、

夏だけに

スイカ○○

とか食べたくなります。
字面を入力していく中で買いに行きたくなりそう。笑

そんなこんなでアイスを食べ、ドリンクをガブガブ飲むとお腹の調子が…

でも体は水分を欲しているし…
やっぱり供給しないと!

でもあんまり食べすぎると、やっぱり太るよなぁ、

でも…


もうこの辺でやめときます。笑

とりあえず冷房の効いた部屋でジャズを聴いて涼を求める事にしましょう。
さてそれでは今回の選盤!


image

エミリー・レムラー「Firefly」
レーベル・Concord(コンコード)
リリース:1981年

〈レコーディングメンバー〉
エミリー・レムラー(ギター)
ハンク・ジョーンズ(ピアノ)
ボブ・メイズ(ベース)
ジェイク・ハナ(ドラムス)

1990年に32歳という若さで惜しくも亡くなったジャズギタリスト、


エミリー・レムラー


テクニックは勿論、類稀なジャズに対するセンスの良さで将来を嘱望された逸材でした。
それだけに早逝が悔やまれますが、短い活動期間の中で素晴らしい作品をリリース、
その才能を後世に残しています。本作は彼女のデビュー作。


↑彼女の演奏動画をどうぞ

〈収録曲〉
1.Strollin'
2.Look to The Sky
3.Perk's Blues
4.The Firefly
5.Movin' Along
6.A Taste of Honey
7.Inception
8.In A Sentimental Mood

ホレス・シルヴァー作の"Strollin'"をほのぼのとリラックスしたムードで披露する1曲目で掴みはオッケー。
ハンク・ジョーンズのソフトなタッチに耳を惹かれます。
この人の弾くフレーズ、

無駄がないんです。

エミリーの繰り出す音にそっと寄り添い、音の説得力を増すと言いましょうか、相性抜群。 
続く"Look to The Sky"においてもそのコラボーレーションの妙に聴き惚れてしまいます。

エミリー作の表題作"The Firefly"ではアップテンポなのにサラリと聴かせる余裕が格好良い!
ややもすると汗の滲みそうな(それはそれでいいんですが)ナンバーも
この面々によれば朝飯前。

"Inception"でテンションを上げて、ラストに"In A Sentimental Mood"で締めくくるアルバム構成も見事。

エミリーのギターはウェス・モンゴメリーやパット・マルティーノの影響を感じさせますが、その上でオリジナリティの創出を試みていますが、その試みは既にデビュー作で


成功している


と言えるでしょう。
次々に繰り出されるフレーズアイデア、それを具現化するテクニック、聴くたびにその実力の高さを感じます。

先述のハンク・ジョーンズ、そしてボブ・メイズとジェイク・ハナによる、どの音も柔らかく受け止める自然体のリズムセクションのサポートも聴き逃せません。

ギター好きの方、聴き逃してませんよね!?笑

Emily Remler
1992-08-01


このページのトップヘ